疑似恋愛論

シチュCDやら乙女ゲームの感想を中心に Rejet作品多めになります

【脱ぐか】想望三國志 第壱計 諸葛亮 【死ぬか】

こんにちは!お久しぶりになります、伊佐です!

大変お待たせいたしました。想望でございますっ(*゚▽゚*)
さっそくネタバレ満載で感想などを書き連ねていきますねん。

※この記事は2014年前半に書かれたものです。諸事情により投稿時期が遅くなってしまいました

想望三國志 第壱計 諸葛亮 





じゃん!!きれいなイラストですよね~
個人的に三国志といいますと無骨なイメージがあるのですが、こちらはとっても美麗です。
色彩も素敵。 
以前こちらのブログでも紹介いたしました完璧Freedomと同じイラストレーターさんです。 
(過去記事にとびます)


この想望三國志という作品は「悲恋」がひとつのテーマになっているようなのですが、看板に偽りなしですね!
ハッピーエンドにはなりません。

それでも 辛いことばかりでなく、ほんのりささやかな幸せをかみ締めることができる仕上がりです。
歴史的な要素もちょこちょこと出てきますし、三國志の舞台をうまく使いながらRejetらしさも感じられるという
そんな感想を持ちました!

以下、感想になります↓↓



はじめに歴史的舞台のモノローグから始まります。(終始しゃべっているのは1人ですがww)
緑川さんのいい声+BGMで非常にムードがあります。この作品はBGMが本当に美しいです。

そして主人公との出会いのシーンですが、
戦に巻き込まれ、どろっどろで、天涯孤独になってしまった彼女を見て
諸葛亮サマはなんと思ったかというと

諸葛亮:しかしあの横顔、悪くありませんね・・・・・・磨けば光る逸材かも知れません(5:15~)

はい。ゲスいですね(笑)
その後はなんだかんだ復讐の術を教えると丸め込んで主人公ちゃんを城に連れて行っちゃいます。
終始論理的でクールに主人公ちゃんには接するので、糖度ゼロなのは前半の仕様です!



お城につれてこられた主人公ちゃん。
諸葛亮さまの命令によって湯浴みをすることに・・・もちろん諸葛亮さまと一緒に☆

服を脱げといわれて、ためらう主人公ちゃんに”いやなら出て行けばいい”と言い放つ諸葛亮さま。
脱ぐか死ぬかの究極の選択を前に、生きねば!!と服を脱ぐ主人公ちゃん。

ここからは諸葛亮さまに洗ってもらいながら、身の上話をするのですが、
諸葛亮さまは仕える劉備さまの話ばっかりします。笑
そして劉備さまには主人公ちゃんを小姓だと紹介するといい、泥の詰まった爪じゃ劉備さまに失礼!
ときれいきれいするのです。

想望の主君ではないキャラたちの忠誠心の強さ、すごく妄想力を刺激していい感じです。

主人公ちゃんの身の上話を聞きながら慰めたり相槌を打ったりしながらじわじわと距離をつめる諸葛亮さまのホストばりの人心掌握腹黒トークもたまりません。

そしてきれいになった主人公ちゃんにむけて放つ諸葛亮さまの一言がこちら

諸葛亮:んっふふ・・・・・・すばらしい!均整のとれたからだですね。 やせ気味なので、著しく色気にはかけますが、滋養のある食事をとり訓練をすれば、まあ許容範囲内です。
あなたのこの顔と体さえあれば、刀を手に取るよりもよほどいい復讐の術がありますよ。(9:25~)

ゲスです。
もはや完全に趣味の世界です。
主人公ちゃん完全に貞操の危機です。



ここはエロなしです。甘さもゼロです。
勝手に掃除して怒られたり、お茶の入れ方に文句つけられたりします。(あれ、なんかデジャブ・・・・・・)



夜にまた来なさいといわれ諸葛亮さまのお部屋にきた主人公ちゃん。
具体的な復讐の術()を授けるといいながら服を脱がせ、ご褒美といいながら媚薬効果のある香を焚き、
えろい声で
あなたを私の手でどのように変えていきましょうか。
淑女と娼婦の顔を併せ持つ女か、あるいは危険とわかっていても手を出さずにはいられない毒婦か……(3:26~)


なんて言ってきます。しかもここから一気にペチャペチャちゅっちゅいいはじめるのでそわそわします。
もちろん主人公ちゃんは抵抗できません。




そんなこんなで前半はあんまり史実と関係なく、主人公と諸葛亮さまの関係のみにフォーカスが当てられています。
いつもどおりつっこみどころ満載です。
しかし、後半はそこに「赤壁の戦い」という映画にもなったような史実をからめ、三國志の名に恥じぬ仕上がりとなっております。(ちょっぴり感動もあります)
気になった方にはぜひ!!手に取っていただきたいです!!

後半はぜひご自身でお確かめください☆


最後までお読みいただきありがとうございました 伊佐




【かわいい】VANQUISH BROTHERS 第伍夜 ミツナリ 感想【五男】

ごぶさたの更新です!伊佐です

いつでも絶賛積みCD消化中なのですが今回はコレを
ネタバレ注意です!!

VANQUISH BROTHERS 第伍夜 ミツナリ CV.野島健児

  

ヴァンキチです。
公式情報ではヤンデレ×罵り×ドMというなかなか厳つい性癖で書かれている5男です。
↑※音量注意

5つのトラック+フリートークで70分というまあまあなボリュームです。
そしてこのボリュームを惜しげもなくエロにつぎ込んでいます。流石です。


それでは各トラックごとに感想という名のネタバレいってみたいと思います~




壱、罵りミツナリ登場!
 

タイトル通り罵られます、が!!

ツンアホっぽいやり取りがかわいい!!
からの攻めモード!!

まだまだアタリが強くて甘さはほぼゼロです。
 

弐、お茶をどうぞ
 

ここからちょっとデレてくれます。
タイトル通りお茶をいれてくれたりしちゃいます!!

ただ急にキレはじめますwww
実力行使とかいって失神させられますwww

そして失神したあとの主人公ちゃんに向かっての台詞が……
 

参、拘束と勝負事
 

前のトラックで気を失った主人公ちゃんはミツナリくんの部屋に監禁されてます

そしていきなりガンガン精神削る言葉攻めであります。
さすがミツナリさま容赦ない。

そしてミツナリに抵抗しまくる主人公ちゃんはビンタされます!ご褒美!
もちろんエグい言葉攻めもやみません!
しかし
 

ミツナリ:くず!ばか!まぬけ!(5:13~)

これがスイッチポイントになります!
正しくはこの言葉のあと、主人公ちゃんが暴れて手枷がミツナリくんのほっぺをガツーンするところですかね。
 

ミツナリ:でも……なんか……コレ…………(ハァ~)いい……!!(5:38)
 

はい!!目覚めたよ!!ミツナリくん目覚めた!!
 

ミツナリ:両親にもなぐられたことないのに!!
 

アムロかよお前は!!
というつっこみは置いておいて
ここから変態モード突入です。
 

ミツナリ:もっと抵抗してそれでボクを殴って!!(6:50)
 

あ、この子アカンわ……

ハァハァ言い始めてる……

そして手枷と足枷をはずされる主人公ちゃん。
良かったね!とはならないのがこの作品の醍醐味です。
僕に抵抗して!!(暴行を加えて!!)というおねだりが始まります……

すっごくイタかわいいので是非音源で確かめてくださいね~ 


四、勝者の特権
 

前のトラックの後半でミツナリくんと主人公ちゃんはある勝負をします。
そして賭けに勝ったミツナリくんがあーだこーだ命令しちゃったりするわけです。(定番)

ミツナリ:もっと暴れて、もっと泣き叫んで抵抗したら?(0:22)

ミツナリ:僕の顔を殴ってもいいし……腕をつねっても引っ掻いてもいい!!

でました!!ミツナリくんの暴力おねだり芸!!
そして主人公ちゃんは抵抗(という名の暴力)をするのですが
ひょんなことからミツナリくんの逆鱗に触れてしまいます。
難儀な子です。

ミツナリ:でもまてよ……お前を殺したら、あの快楽も味わえなくなるのか……それはちょっと困る、いやもったいないな(1:46)

ここでもミツナリ節が炸裂してます。

それでなんだかんだエロくなっていくのですけど
ミツナリくんに罵られたり、主人公ちゃんが首絞めたり
また斬られそうになったり……

責め合いですね!主人公ちゃん結構やります。いいぞ受身じゃない女の子は結構好きです!! 
 
そしてこのトラックの最後にミツナリくんが性癖をばっちり話してくれているので書いておきますね。

ミツナリ:そうじゃない、そうじゃないんだよ!!僕が求めているのはもっと抵抗してあらがって、それでもなすすべもなく絶望に身を浸すお前の顔なんだ!!こんな中途半端な抵抗じゃむしろ消化不良だね、だから徹底的にあらがってもらうためにお前の一番嫌がることをしてあげる。(11:42) 
 

伍、新たな快感に目覚めて
 

ミツナリ:あったあった(シャキシャキ)
っていきなり怖いですミツナリさん。

このトラックで主人公ちゃんはばっちり初夜を奪われるわけなのですが、
詳細は音源を……ということにさせてください。エロいですよ、のじさん。
ばっちりDTしょじょの初夜になっております。というかこれ18禁じゃないのかな??




というわけでまとめると

1.ミツナリちゃんは罵り受け
2.でもしっかり攻めもできる
3.一方的じゃなく、主人公ちゃんと会話できてるので意外とまとも

ってかんじでしょうか。
ミツナリくんのいいところはなんだかんだ主人公ちゃんの反応をちゃんと見ているところだと思います。
ムシケラとかいわれますけどなんだかんだ主人公ちゃんのこと大好きです。
ツンデレですよ、男子中学生的な!!かわいいな~


それではこの辺で~

最後までお読みいただきありがとうございます  伊佐




 

 

【閑話】エイプリルフールつかれた【休題】


今日のブログはそれツイッターでやれよなテンションでお送りいたします。


エイプリルフールは祭りになった件 


近年傾向として、企業がエイプリルフールネタをぶち込んで、おもしろいおもしろいってネットで話題になるみたいなのがあるじゃないですか。
 企業側の意図を簡単に言ってしまえば宣伝なわけですけど、何年か前まではエイプリルフールをやる会社も今ほど多くなくて、エイプリルフール広告は結構クールだったとおもうのですよ。

しかし今は、アニメ・ゲームなどのコンテンツ産業の業界のみをみても
ありとあらゆるものがやっているわけです。

コンテンツにぶら下がるファンの心理とすれば、エサが投下されればそれはうれしいですけど
企業などの利益を考えるとコスパあんまりよくなくないのかな~と心配してしまいます。
だってみんなやってるから差別化するのは必然的に大変になるはずでしょ?

じゃあなぜやるのかといったら、参加しないリスクをとりたくないから、といえるのではないかと思います。
エイプリルフール来るかな?とおもってるファンをがっかりさせるようなことはしたくないじゃないですか。

利益を度外視したら、好きなものがつくれるというのもありますね。
売れるものを作るのじゃなくて企業も一緒にネタを楽しむ位のノリがつたわってくるとうれしくなります。

漫画家さんやイラストレーターさんのネタは特に顕著で、好きなものをみんなでいじる祭り状態になっている人たちもいましたね。

バレンタインのようにエイプリルフールも文化になるのでしょうかね。
すくなくともこの業界では続いていくことは間違いないとおもうので来年も楽しみにしとこうっと。


最後までお読みいただきありがとうございました。 伊佐